『勉強しなさい』はNGワード! | 親の焦りが思春期の心を波立てる

勉強してほしいなら、『勉強しなさい』は禁句です!

子どもが机に向かおうとしない時、

親なら誰でも『勉強しなさい!』と言いたくなりますね。

 

しかし、そう言われてやる気になる子どもはまずいないでしょう。

では、その代わりにどう言えばいいのか、

その声のかけ方はなぜいけないのか、今日は書いてみます。

 

『勉強しなさい!』の裏側にある感情とは?

『勉強しなさい』

子どもに向かってこの言葉を言ってしまう時、親はどのような気持ちになっているでしょうか?

その言葉の裏にある感情はそどのようなものでしょうか?

それは、「不安」と「焦り」です。

 

『どうして勉強しなくてはならないのか?』と、一度冷静に自分に問いかけてみてください。

「将来困る」とか「成績が下がる」・・など、漠然とした理由が並ぶのではないでしょうか。


目標とする職業や取りたい資格など、明確なターゲットがあるならば話は別ですが、

より具体的な答えはなかなか出てこないのが普通だと思います。

 

『子どもが勉強することは当たり前』という意識が親にはあるはずです。

しかしよく考えてみると、

(した方が良いのは確かでしょうが、)「勉強しない」という選択肢もあります

学校の勉強が苦手でも、大人になって成功している、人の役に立っている人はいくらでもいます。

 また、何かのきっかけで、猛烈に勉強しだすこともよくあります。

 

「勉強ができることに越したことはない」

「生きるために必要な知識や知恵は身につけてあげるのが親の責任」

これは確かだと思いますが、一方で、

「しないのなら、しなくてもなんとかなる」

「するもしないも本人の気持ち次第」くらいに、

子どもを独立した人格として遠巻きに見る冷静な意識

頭のどこかに必要なのではないでしょうか?

 

「勉強するのが当たり前」は、苦しい

「勉強するのが当たり前」と信じ切ってしまうのも、

時には苦しい状況を作り出してしまう気がします。

 

親としては、決まった時間に机に向かって欲しいし、

子どもの勉強のことを考えると気が気でなくなってしまうのもわかります。

 

親の思うように動いてくれない子どもを見てはイライラして、

つい自分が焦ってしまうのも当然だと思います。

 

「授業に遅れてしまう」

「テストが近いのに・・」

「成績が伸びない、下がっている」・・

 

そんな時に口をつくのが、『勉強しなさい!』という一言ではないでしょうか?

 

一方で子ども自身にとって、

「もう少しのんびりしたい」

「疲れている」

「なんとなく気が向かない」時、

本人も「このままじゃ、まずい」と思っていることが多いものです。

 

『もう少ししたら始めよう・・。始めなくちゃ・・』

と思っている時に親から飛んでくる『勉強しなさい』にはたいてい、

『わかってるよ!』と反応(反抗)します。

 

ではそんな時、どう言えばいいのかと言うと、

「命令」ではなく、「質問する」ことです。


親って、『こんなことを質問すると、うるさがられるかもしれないな・・』と、

ききたいことを我慢してしまうことがあると思うんですね。

(これは子どもに対してだけではないかもしれませんが)

 

「我慢しているうちにストレスが溜まって、いつか爆発する」

この結果が、『勉強しなさい!』という、

子どもに対しての”逆ギレ言葉”になっているのかもしれませんね。

『勉強しなさい』は命令であって、質問ではありません。

穏やかに質問してみましょう。

 

『勉強しなくていいの?』

『どうしたの?』

または、もっと具体的『宿題はないの?』くらいなら、感情に波風は立ちません。

 

子どもの生活時間には決まったリズムがあると思いますので、

夕食後の”のんびりタイム”が終わってもまだ勉強を始めないのならば、

『勉強の時間だけど、どうしたの?』

と、穏やかにきいてみましょう。

 

子どもの気持ちに向き合ってみませんか?

この『どうするの?』『どうしたの?』という質問には、

相手(子ども)の気持ち=「気が乗らない」「疲れている」「落ち込んでいる」etcの、

「事情」と「気持ち」を吐き出させる効果もあります。

 

○○しなさい』は、反論の機会を与えない”命令”です。

こちら(親)の気持ちを一方的に押し付けているだけで、

『疲れてる~~』とか『調子悪い~~』などの「甘え」を許さないのですね。

 

子どもがグズグズしている時って、たいていは「甘えたい」ものなのです。

勉強したくても、しなくちゃいけないことがわかっていても、できない。

子ども自身が焦っていたり、エネルギーが足りないタイミングで「命令」が飛んでくると、

『うるさいな~!』と、反抗したくもなります。

 

何事も呼吸が大事。

いつもの様子と違うところがないか、

向かい合って、観察して、時には甘えさせる余裕も欲しいところです。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事