公立高校入試英語「直前対策」|最強かつオススメの学習法!

公立高校入試まであと数日となりました。

そこで今日は、『英語の直前仕上げ』について書いてみます。

 

直前は新しい教材には手をつけないこと!

最後の追い込み時期、『忘れているものはないか?覚えていないものはないか?』と、

心配になるあまり、新しい暗記モノの参考書を思わず手に取りたくなるかもしれません。

 

でも、それはNGです。

最後の数日で新しいものに手を出しても、十中八九中途半端に終わります。

追い込み時期に必要はなものは、今までに使っていた教材で十分です。

 

公立高校の入試問題は、中学校の指導要領以外からは出題してはならないことになっていますから、

問題はほぼ、教科書を確実に理解していればできるものなのです。

 

数学のように、基本を活用して素早く解答を導き出す教科は

最後まで解答練習を続けるべきだと思いますが、

英語の場合は、新しい問題に手をつけると知らない単語や熟語に出くわすことも考えられ、

それが「勉強不足」という焦りにつながりかねません。

 

考えてみれば、英語は「ことば」

日本人の大人でも、日本語の全てを知っているわけではないのですから、

外国語を学びたての日本人、それも中学生が、「英語の全て」を知っている必要はありません。

 

教科書に載っていたことを確実に「思い出す」ことができれば、

たいていの公立高校の入試問題には対応できます。

 

音読中心!「読む」→「書く」の順番で!

それにはまず、「できる限り多くの」文章を、何度も繰り返すことが大切です。

 

「書く」のと「読む」のとでは、どちらがより多くの分量(語数)をこなせるでしょうか?

答えは簡単。「読む」方がはるかに速いはずです。

なので、まずは「読む」ことを全力で!

 

そして、「読む」方法についても、あるコツがあります。

それは、「意味を考えながら音読すること」

ぼーっと、何も考えずに音だけ繰り返しても効果はありません。

 

意味というのは、「完全な和訳」ではなく、『だいたいこんな意味だったっけ』と思い出す程度でOKです。

読んでいてスッキリしない箇所(要するに、理解していないか、忘れている)については、

文章が終わるまでとりあえずは放置して、最後に確認します。

 

読んでいるうちに周りの文脈から内容を思い出すこともよくあります。

これは、勉強以外での「記憶を呼び覚ます」時と同じです。

 

一つ一つを完璧に覚えようとはせずに、

とりあえず最後まで!スピード重視!!」で行ってください。

そして、文を最後まで読み終わったら、

「猛烈なスピード」で、文章を書き出します

 

これもまた、意味を思い浮かべながら行うことが重視です。

さらに、読む時も書く時も、

「一文が終わるまで、なるべく長い範囲を一気に」進めてください。

単語がバラバラに感じなくなるまで、ある程度は「気合い」で乗り切りましょう。

 

そして(この順序が大事ですが)、

教科書の→前へと、逆に進めること。

これは、「難しいことの後に易しいことを行うと、より易しく感じる」からです。

 

大切なのは「速く、何度も繰り返す」こと

例えば、単語の綴りを覚えるときは何度も書いて覚えますが、

文字(アルファベット)をバラバラに書いているうちは、単語が単語として見えてこないはずです。

 

文章も同じ。

読み書きが早い人は、いくつかの単語で構成されている部分が、まとまって見えているはずです。

たとえば、「合格おめでとうございます」という文があったとすると、

私たちは文全体をそのまま理解できますが、

もし日本語を勉強している最中の人にとっては、

「ゴウカク」「オメデトウ」「ゴザイマス」と、単語がバラバラに見えているかもしれません。

(もしかすると、・・「ゴ」「ザイマス」などと間違って分けている可能性も。)

 

今まで学校や塾で使ってきた、すでに意味がわかっている教材ならば、

バラバラに感じることは(おそらく)少ないでしょうから、

あとは、「何度も何度でも、100回でも・・、暗記してしまうくらい」繰り返すことで、

「ことばとしての実力」が身についてきます。

 

「繰り返した回数そのものが実力」です。

単語でも熟語でも、文の中で丸呑みしちゃましょう!

 

教科書と既習の長文問題を徹底的に!

よくある「単語・熟語集」と長文問題集にかける時間の割合ですが、

僕は受験直前期は「単塾集2:長文8」くらいでもよいと思っています。

 

そもそも単塾集からそのものズバリが出る確率と、

「英文を早く読む」訓練とでは、はるかに後者の方が本番に与える効果が大きいからです。

だいたい、長文問題の方が入試での配点も高くなっていますし。

 

繰り返しになりますが、これから新しい教材に手を出しても、

「知らないことに気づいてしまう」マイナスの効果があるだけ。

思い出せないものや忘れているものを思い出す方が効果が高いはずです。

苦手な人ほど教科書を中心に。

 

得意な人は、より難度の高い問題集や塾などの教材、また

今まで受けた模擬試験などの問題を同じように復習しておくことをお勧めします。

いずれにせよ、

「新しいものには手を触れない」

「わかっているものを暗記するくらい繰り返す」ことが、

「ことば」である英語の直前最短攻略法です。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事